研修制度


コミュニーケーションスキル研修

スキルアンドコミュニケーションズでは、大きく「4つの段階」の「コミュニケーション能力研修」を用意しています。


STEP 1初任者研修として「専門の講師」「話し方教室」などと連携しての対人能力研修
第一段階の「対人コミュニケーション能力研修」としては、提携している「専門の講師」や「話し方教室」などを利用しての研修を行います。こうした講座は、現在、技術系に限らず多くの企業の研修として採用されており、スキルアンドコミュニケーションズでは、これまで「当たり前のもの」とされていた「対人コミュニケーション能力の重要性」を再認識するためにも重要な研修と考えています。

STEP 2専門スタッフによる「コーチング手法」を採用したセルフマネジメント研修、コミュニケーション能力研修
第二段階として、専門スタッフによる「コーチング手法」を採用したセルフマネジメント研修、コミュニケーション能力研修を実施しています。
この「コーチング」を採用した研修は、スキルアンドコミュニケーションズの考える、最も重要な研修のひとつです。「コーチング」とは、アメリカで始まったと言われるマネジメント手法で、対面で、コーチ役の専門のスタッフが「質問形式」で、技術スタッフのモチベーションアップや、対人コミュニケーション能力の向上へと「誘導」するという手法です。欧米では、すでに一般的な研修方法として、多くの企業で採用されており、モチベーションアップや、セルフマネジメント能力・コミュニケーション能力の向上、またメンタルケアなどの面で、大きな効果をあげています。私どもは、この「コーチング手法」は、技術スタッフの資質向上に最も適した研修手法であると考えます。

STEP 3技術スタッフによる「任意のグループ」研修の実施
第三段階として、技術スタッフによる「任意のグループ」研修を実施しています。任意のグループ研修とは、グループで行う「コーチング研修」や、グループで行う「各種研究・勉強会」を指します。この場合の「研修・勉強会」とは、直接に、専門技術のスキルアップにつながるというものではなく、広く、経済・社会全般または趣味の分野などに関わるテーマごとの研修・勉強を、「任意のグループ」で行うというものです。この研修を通じて、技術スタッフのメンタルケアやコミュニケーション能力の向上を目指します。

STEP 4当社内・業界内に限定されない総合的な「キャリアマネジメント」の実施
最終段階として、当社内・業界内に限定されない総合的な「キャリアマネジメント」を実施しています。技術スタッフの「将来的な生活設計」を考え、専門スタッフが、当社内・業界内での「キャリアアップ・収入アップ」のための相談・マネジメントを行います。また、当社内・業界内に関わらず、技術スタッフが希望する業種・職種へのステップアップのための総合的なマネジメントも行っています。

コーチング風景

グループコーチング風景

  • 当社内・業界内に限定されない総合的な
    「キャリアマネジメント」の実施
  • 技術スタッフによる
    「任意のグループ」研修の実施
  • 専門スタッフによる「コーチング手法」を採用した
    セルフマネジメント研修、コミュニケーション能力研修
  • 初任者研修として「専門の講師」「話し方教室」
    などと連携しての対人能力研修


技術研修・資格取得研修

スキルアンドコミュニケーションズでは、大きく「4つの段階」の「技術スキル研修」を用意しています。

STEP 1初任者技術研修
まず、第一段階の「入社時の初任者研修」として、請負・派遣の各業務に関わる制度の説明をはじめ、個人情報管理規定とそれに基づく個人情報管理方法の説明、請負先・派遣先の技術情報に対する守秘義務の周知徹底、また、基礎から応用までの広範なビジネスマナー研修を実施しています。

STEP 2OJTによる技術研修
次に、第二段階の「OJT研修」として、請負業務中・派遣業務中のリーダーによる、目標設定および目標管理、各種専門技術の指導、技術・技能の評価、作業能率アップのためのアドバイスなど、多様な技術支援を行っています。

STEP 3提携先の教育研修機関による各種専門研修
第三段階の「各種専門研修」としては、技術者の各レベルに応じた専門の教育研修機関と提携し、個別のケースごとの少人数による専門的かつハイレベルの技術研修を提供しています。

STEP 4各種、資格取得などの支援・サポート
また、最終段階の、「各種、資格取得などの支援・サポート」として、スキルアップのための資格取得への補助、個別の相談、希望の専門講座・通信教育などへの補助、「専門書籍の図書館」の設置など、きめ細かなサポートを行っています。

技術研修イメージ

  • 各種、資格取得などの支援・サポート
  • 提携先の教育研修機関による各種専門研修
  • OJTによる技術研修
  • 初任者技術研修